作品一覧


絵本・童話

いのち愛づる姫

作: 山崎陽子・中村桂子
絵: 堀 文子
出版社: 藤原書店(2007年4月30日 発行)
定価: 1,890円(税込)


【コメント】

〈人間も、一つの細胞から生まれた。〉
バクテリアも人間も、たった一つの細胞からーー。同じ生き物、同じいのち。
人間はじめすべての生き物を、一つの生命がもつDNAの総体「ゲノム」から読み解く「生命誌」を提唱した生物学者、中村桂子。
ピアノ一台でめくるめく夢の舞台を演出する"朗読ミュージカル"を創りあげた童話作家、山崎陽子。
世界に満ちるいのちの気配を写しつづけてきた画家、堀文子 ーー分野を異にした三人の女性が描きだす、いのちのハーモニー。

「ひとつひとつの生きもののしくみ、なんて奥が深いのでしょう。
手のなかの小さな毛虫に、わたしの胸が、あれほどときめいたその謎が、いまこそわかったような気がするわ。
生きもののすべてが、たった一つの細胞から生まれるなんて......」
虫愛づる姫君は、いまや「生命愛づる姫君」に成長されたのです。
姫君じしんも気づかぬうちに......。

【関連作品】

飲食料品系の株主優待