作品一覧


小説・エッセイなど

遠藤周作と世界一の素人劇団「樹座」"遠藤さんの原っぱ"で遊んだ日

著作: 山崎陽子
出版社: 小池書院(2000年発行)
定価: 1,800円(税別)


【コメント】

本書は、遠藤座長と、珍無類な迷優たちが織りなす抱腹絶倒の顛末記です。
素人劇団「樹座」は、世にも不思議な、世にもおかしな一座でした。
たとえそれが、愚かしい情熱と言われようとも、そこには老若男女の無邪気な笑いと涙と友情があり、なによりも幸せがあふれていました。もう、あのような劇団は、二度と生まれることはないでしょう。なぜなら、あれは、遠藤周作という偉大なガキ大将の存在があってこその"光満ちた一座"だったのですから。

【関連作品】

人生は回転木馬

作: 山崎陽子

動物たちのおしゃべり

作: 山崎陽子
絵: ミルコ・ハナアク

ねこ ネコ 子猫

写真:田中光常
文:山崎陽子

水たまりの空

作: 山崎陽子



飲食料品系の株主優待