山崎陽子プロフィール

山崎陽子

童話作家、ミュージカル脚本家、日本文芸家協会会員。
1970年、結婚十周年の記念に執筆した童話(後にミュージカルとして芸術祭最優秀賞受賞の「らくだい天使ペンキイ」)がきっかけとなり、現在、童話、絵本、エッセイ、講演、ミュージカル脚本の執筆など。童話の多くがミュージカルとして上演され、絵本も中国、台湾、仏、独、ベルギー、等に翻訳されている。絵本「ぼくの花咲いたけど」(金の星社)は、小学校1年の道徳副読本“どうとく”に掲載。(平成12年〜22年)
1976年から一人ミュージカルを手がけ、1990年からは朗読ミュージカルと名付けた独自の作品を発表し続けているが、ジャンルを越えた様々な演者にも恵まれ、すでに五十作以上が上演されている。
1989年から11年間、白百合女子大学講師、又、立教女学院短大講師を務める。
故遠藤周作氏主宰の素人劇団「樹座」の脚本を、解散公演までの20年間執筆した。
2000年に上演、2001年1月に放映されたNHK・TV「お母さんといっしょ」の「歌のファンタジーランド」のミュージカル“ようこそ21世紀、並びにミニ・ミュージカル 針ねずみのピックル”の脚本を担当している。
朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」で平成13年度文化庁芸術祭大賞受賞。
初のエッセイ「しあわせは、いつも いま」は笑いの缶詰といわれ、ロングセラーとなった「動物たちのおしゃべり」、理学博士・中村桂子、画家・堀文子との共著「いのち愛づる姫」と共に多くの読者に愛されている。
昨年7月、5年に1度の「演劇人祭」に、様々なジャンルの演劇が一堂に会する中に朗読ミュージカルが初参加して好評を博した。